読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20170314

『浮草』(小津安二郎 1959 日本) 小津安二郎のカラーの作品を初めて観た。初めから最後まで画面の色がずっと美しいのが信じられなかった。すべての要素において徹底されて表現されたセンス。いたるところで赤と青が対比されていったあとで、夜明け前の空の青さにふたつの記者の赤いランプが走って行くところは本当にカッコよかった。単調でいて一度も飽きることがない話の展開、リズム感がすごい。中だるみがない。人にはそれぞれ事情や感情あって、いろんな角度でそれを許し合いながら生きていくこと。魔法みたいに全員が救われるように思えてくるのがすごい。風が吹けば桶屋が儲かるみたいなやり方だ(?)

『山の音』(成瀬巳喜男 1954 日本) 画面上で起こるすべての動きがとてもスムーズで美しい。話は、例えば『浮草』と比べるとずっとシリアスで、現実的だから残酷でそのぶんばかばかしい。日常的な出来事でじわじわと、それでも確かに感じる痛さの描写が生々しい。こういうことは私たちの世界ではありきたりにそこらじゅうで起こり続けている。父と義理の娘の2人にピントが合ってる。誰もが、それでも生きていく、ということが淡々と肯定されている。肯定されないことによって肯定される。これもまた魔法。 原節子は不思議な人だな。決してアイドルではない。今まで見た3つの出演作で、女性を背負わされることによって女性を超越していくような役ばかり与えられている。人間であることによって人間を超越するというか。何言ってるか全然わからないけど。。

早稲田松竹で城真也監督の『さようなら、ごくろうさん』と橋本麻未監督の『今晩は、貘ちゃん』を観た。撮影して編集して作品にするなんて大変なことをやり遂げるのは本当にかっこいいと思った。

併映で『ドレミファ娘の血は騒ぐ』(黒沢清 1985 日本)を観た。今までこんなことはおそらく一度もなかったのだけど、観たあと今日は眠れないかもしれないと思うくらいテンションが上がった。本当に嬉しいというかありがたいと思った。カッコいいショットがたくさんある。演出カメラワークすべてが効果的。クライマックスが本当に最高。そこまでやらなくたっていいだろうに、生き残らせて歌わせてしまうところがめちゃくちゃありがたい。めちゃくちゃヒーロー。先輩に絶望してから、カセットテープを頬にぶつけながら画面を二往復からの、宙に投げたあと 練習 した回り方で華麗にスルーして床に落とす一連の動作が本当にありがたい。麻生うさぎ(初めて知った)の存在感も単純にとても魅力的だった。後半に行くにつれて、もはや画面上で何が起こってもすべて最高になっちゃうんじゃないかって感じがした。ドライブ感!

 

 

 

 

 

20170229

渋谷で『ラ・ラ・ランド』(デイミアン・チャゼル 2016 アメリカ)を観た。美術がすべてとてもよかった。タップダンスが好きなので、冒頭の夕暮れタップダンスがよかった。あと科学博物館のシーンがよかった。振り子時計ってなんかスゴいなあって昔から思ってた。地球が回ってることが目に見える。浮いちゃうところはアイデアも撮りかたも安直さの極みみたいになってたけど。

ジャズについて説明しているシーンで、夢を語るところがよかった。自分にとって大切なことを、そんな風に教えたくなってる時点でもう始まってるんだね。恋の始まりに口実をつけて映画を見に行くのはみんなおんなじなんだなぁとか。2回くらいでてくる口論のシーンのリアルさにギュッとなる。なんか、長いが。4人で会食するシーン、ジャズが聴こえて、店を出た後のあの笑顔とか。そういう感情の動きや行動を重ねて2人の人格を表現していくところはよかった。

私は、ミュージカルは、心の動きがメロディになって歌い出してしまうところが良いところだと思っていたから、違うんだなぁと思った。嬉しい時に歌う、悲しいときに歌う、それがミュージカルだと思ってた。誰でも歌っていいんだとそういう魔法だと思ってた。音楽が全然そういう雰囲気で鳴ってなかったのがよくわからない。渋滞にいて車を出てみんなが踊るというのもそもそもわけがわからない。夢を追いかける彼らと渋滞になんの関係があるのか。

全体を通して「誰しもを説得するに足る」雰囲気が悲しい。「夢を叶えるためには捨てなきゃいけないものがある」なの?そんなの、捨てたことがあると思ってる人がそういうことにして正当化しながら語ってるときのいいかたじゃないの?「夢を叶えるためにそうしてきた」ってたったそれだけじゃないの?

想像し得る平行世界についても、その可能性についても全部含めて、「それでも、人生のぜんぶを肯定するして祝福する」というポジティブな魔法に、全く届いていない。それを最後の笑顔と一回の頷きでやろうとするんだからひどくありきたりじゃないか。

どうでもいいことだけど、「I miss you」を「寂しい」とと訳すのは、ぜんぜんちがうんじゃないか、と思った。

 

 

20170225

💠さんと💠と鍋をした。楽しかった。嬉しい。嬉しい。

みんなでMステをみた。X JAPANについての知識が浅いのを反省してwikipedia読もうとしたが長すぎてくじけた。💠が、SHISHAMOのボーカルは絶妙なバランスでめっちゃかわいいと言ってた。

小沢健二の新曲はとても良かった。言葉の強さを素直に感じた。”意思は言葉を変え 言葉は都市を変えていく”なんて突然ハッキリ言わなくたっていいだろうにってことをでもあえて言おうというのはアツい気持ちを感じる。でも、その前についてる「だけど」は、何に対する逆説なのか?

”ありとあらゆる種類の言葉を知って何も言えなくなるなんて そんなバカなあやまちはしないのさ”って言ってる人だと思った。2017年は何かありそうな予感がする。2020年までの3年には青春があるんじゃないかという気がしてくる。

💠に誘われて「草間彌生展 わが永遠の魂」を見に行く。初めてみたニューヨーク時代(1957〜1973)の、インフィニティ・ネッツ〈無限の網〉のシリーズがすごかった。大きいキャンバスにひたすら白の絵の具で下図のような弧が描いてある。

f:id:anmin_shitai:20170225175836j:image

f:id:anmin_shitai:20170225180116j:image

No.AB(1959)

画像だとなにもわからない。絵の具の厚みと弧の連続に圧倒されてなにも言えなくなる。見えないものが見える。膨大な何かと対面している。

f:id:anmin_shitai:20170225181403j:image

Air Mail Stickers(1962)をはじめとしたコラージュも凄みがあった。

絵のタイトルを見てから絵を見ると、そのタイトルの絵はその絵でしかないんだなと全部自然に腑に落ちる。本当に見えてるものを描いてる。

自主制作映画『草間の自己消滅』の中で、猫にヤツデの葉っぱを乗せる映像がかわいかった。

いまは帰り道なんだけど、クリーニング屋がアイロンをかけたときに出る水蒸気、公園にいる子供、ユリの匂い、空の色と薄い雲がとてもきれいだった。青の種類について詳しくなりたいと思った。

 

 

20170222

草の上の昼食』(ジャン・ルノワール 1959 フランス)を観た。今wikipediaを開くまで画家のルノワール次男だと知らなかった。離婚した奥さんのwikipediaには「離婚後も複数の作品に出演したものの、大きな印象を残すには至らなかった。」って書いてあって、大きなお世話だと思った。1940年に戦火を逃れてアメリカに渡る船でサン・テグジュペリと相部屋になり親交を結んだというエピソードなんかすごい。

茶色いやぎを連れてるボロボロの服のおじさんが笛を吹くと風が吹くだけの映画だった。登場人物がみんな良かった。草の上でのピクニックのしかた。あんな風に自然を使うの、ありなのか。あんなにみずみずしく撮られてる川の水や植物をあまり見たことない。ハイパーみずみずしセクシーだった。どうせどうでもよくなるための科学だろうと思ったけどやはりその通りだった。生まれて初めて本当に最高な愛(?)を見つけてしまったあとの博士の挙動がずっと可愛い。神父に反論のひとつもしない。すべてのひねくれてしまったオタクたちにもああいう体験があったらいいですね。みんなが踊るところもバイクもよかった。走ってバスを止めて運転手にキレられてからおじさんとやぎ出現したの本当に良かった。

みうらじゅん『「ない仕事」の作り方』を読んだ。”人はよくわからないものに対して、すぐに「つまらない」と反応しがちです。しかしそれでは「普通」じゃないですか。”と、「普通」は面白くない、という思いが前提としてあるのが良い。鋭い嗅覚とセンスと語りと絵のうまさは言うまでもないが、自分を売る営業力がすごい。自分が面白いと思ったものを「広めたい」と思う情熱もすごい。「ザ・スライドショー」で武道館埋めたこととか、めちゃめちゃすごいことだと思う。

ずっと話が面白い。本読みながら何回も笑った。

小沢健二みたいに柔軟にプロモーションできる人が全然いないことはすごく残念だと思った。新聞広告に「いやいやえん」の文字があった。あの本はホントにこわい。本というか本にでてくるおばあさんが。熊がくるとこだけ救い。

 

 

20170220

 

Super Mario Odyssey - Nintendo Switch Presentation 2017 Trailer - YouTube

Twitterで見つけたこの動画が良すぎて画面をみつめながらなんだか本当にグッときた。8bitのほうが夢があるなんて言ってごめんなさいと思った。でも8bitのゲームをまた出して欲しいと思うなあ。

そういえば『ムーンライズ・キングダム』(ウェス・アンダーソン 2012 アメリカ)も見たんだった。すみからすみまで完璧なアートディレクションで、色彩センスが尋常じゃない。こないだみたキースリチャーズのドキュメンタリーで、「ロックは白人が独自に生み出した音楽でマーチっぽいんだ、俺はロールでいいと思ったよ」ってキースが言ってた。ウェス・アンダーソンはめっちゃマーチだと思った。アップで撮りそうな雷の中の電話を受ける女の人をドア越しの引きで撮ってたりする感情の煽らなさは、なにもわからない子供が知らない人が泣いてるところを見るような感じで、その幼さがけっこう好きだと思う。それにしてもなんか全体的におもしろくなかった。はぐれ者同士が駆け落ちするのに、はぐれ者感が枠を出てない感じが。設定が手法と合わなかったのかな。でもこんなに徹底的にやれるのは本当にすごいなあ。

💠さんが貸してくれたくらもちふさこ『おしゃべり階段』読み終わった。壁ドンの元祖の可能性があるシーンがあった。2人の間でゆれる感じが、すっかり最近の少女マンガと同じつくり。そこに弟や、同級生が絡んでくる絡み方もかなり今ふうだった。友達のほうが彼氏のことを好きになったりするのも。ああいうおバカでちっちゃくて可愛い女の子のヒロイン像が、現代になると咲坂伊緒のヒロインみたいになるんだろうけど、あれは本当に最悪。番外編の真柴くんの話がとてもよかった。イギリスでの出来事は何か一曲の曲の歌詞みたいだった。

私の人格形成に大きく影響したと思われるにしむらともこ『空色☆すくらんぶる』を久しぶりに読みたいなと思った。今でも自分が空ちゃんみたいになりたいと思っているのかどうかが気になる。

f:id:anmin_shitai:20170220014249j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170218

久しぶりに💠ちゃんと会った 遠藤にちゃんとつっこんでくれるの💠ちゃんくらいしかいない気がする。大好き。サイゼリヤに行ってラクーアに行ってそのあとマックに行った。女子高生だった。

💠さんが渋谷にビデオを借りに行くのについていった。原宿も行った。楽しかった。借りた中から『みじかくも美しく燃え』(ボー・ヴィーデルベリ 1967 スウェーデン)を観た。邦題のネタバレ感が尋常じゃない。原題は『Elvira Madigan』=ヒロインの名前で安心した。木々と木漏れ日のザワザワがずっと綺麗だった。ワインがこぼれた時の2人の顔。でも途中ずっと寝た。ラストシーンで起きた。モーツァルト『ピアノ協奏曲第21番』とヴィヴァルディ『バイオリン協奏曲 愛』をハンガリーゲザ・アンダという人が演奏したものが流れているらしい。この人は名前がコンクールに使われていたりかなり偉い人っぽい。いま第21番を聴いてる。「エルヴィラ・マリガン」が副題になることもあるらしい。グランドピアノの鍵盤の重さが指先に来る曲だな。こういうイメージは何度も頭の中でみたことがあった気がしたけど、本物の映像は初めてみたのかもしれないと思った。

昨日は『東京上空いらっしゃいませ』(相米慎二  1990 日本)を観た。ポスター?パッケージ?かわいい。寝かけながら見てたダンスのシーンは良かった。最後の10分くらい寝た。あれはここ最近で一番良い眠りだった。屋台船の上のワンピースと薔薇、中井貴一トロンボーン、はしご、屋根を猫が右から左に歩いたあと左から右に女の子が走ってくるのも、公園の遊具、川沿いの道を走るところとか。向こうから走って来て手前で方向転換して向こうに行く時のギュッてなるところよかった。白い動物はいいなあ。

毎日が夏休み』と同じでヒロインの喋り方とかキャラクターが見ていて泣きそうになるくらいいやだ。でもTwitterで「リメイクを夏菜子でやってほしい、鶴瓶師匠が生きてるうちに」というのを見て、百田夏菜子があれをやってるとこを想像したらめちゃ最高になってしまったので、じゃあいったい何がこんなにいやなのか、自分でよくわからない。

たとえば身内のパーティーであの子と肩が少しぶつかっても誇らしげな雰囲気でこちらを見向きもせず黙ってすれ違ったあとに怖そうな大人と喋りそうな感じがいやだ。自分以外を主人公にしない力はもっと別の形で発揮されてもいいのだと常日頃から思いたいからだと思う。アイドルにそんなことを期待してるからだと思う。そんな女の子の肩をいつも男の人たちが持つのが仕方ないからいやなんだと思う。可愛い子にやさしくしてほしいだけっぽい。羨ましいだけ。そっちの方がいいに決まってる。ただのコンプレックス。転じて自分が男じゃないことが悲しいということにつながるのかな。夏菜子だったら絶対顔を見てくれると思うから全然良い!何が言いたいか全然わからなくなった。べつに牧瀬里穂も悪くない。

f:id:anmin_shitai:20170218182855j:image

というか可愛い。マネージャーとタレントという関係はそういえばあまちゃん水口とアキちゃんと同じだな。いやマネージャーではないか。

今日は『東京公園』(青山真治 2011 日本)を観た。ハイパー良心的だった。嬉しい。井川遥とても美人だな。三浦春馬榮倉奈々染谷将太。会話のテンションが基本的に少しだけ変なのも、急に声が大きくなるのも、嫌じゃなくて良かった。でも声がいいだけではだめみたいだ、たしかにパンチは足りないけど。

 

20170211

💠が電話かけてきてくれてよかった。早稲田に行って💠とキャッツクレイドルに行った。幸せそうで単純にうれしい。「また明日」って挨拶は最高だねって話した。

風邪で8度近くまで出て寝込んだ。インフルエンザかと思ったけど、2日ですぐ熱下がった、違った。病床で『バクマン。』(大根仁 2015 日本)と『東京物語』(小津安二郎 1953 日本)を観た。

バクマン。』キャスト見た時からサイコーとシュージンは逆じゃないのか?と思ってたけど、見た後も逆の方がいいと思った。原作のシュージンってなんでもできそうで色気があるんだよなあ。💠くんがジャンプ買ってた時に読んでたなあ。エイジはまあ全然ちがうけどあれでも良いかな。まとまってるけど内容もあって満足度は高い。脇役も全員良い。制作する人のストレートな気持ちを感じて好感度も高い。サカナクションもいい。時代に沿おうとしている。でもそれが何だというんだろという感じで、全然なにもよくなかった。わからなくなる。わからない。『東京物語』楽しかった。襖が閉まるだけでワーーッてなる。右から左に子供が走るのがワーーッてなる。煙突のショットがワーーッてなる。ワーーッてなんなのかよくわからないけど。声が出る。とにかくクール。煙突も蚊取り線香もTシャツもありえないくらいカッコいい。『秋日和』と同じで、原節子は未亡人だった。内容について言及するのは、野暮でしかないって感じがする。見てる間のあの感じはなんなんだろう。魔法っぽい。

岩波ホールで💠さんと『皆さま、ごきげんよう』(オタール・イオセリアーニ 2015 アメリカ/フランス)を観た。これもまた魔法っぽい。もう一回観たい。途中までちょっと、相手のようすをみて身構えすぎた。そんな必要ぜんぜんなかった。少年がゴルフみたいにボール打ったとき全くカメラがボール追わなかったのとかすごいふざけてたな。プールと浮き輪もよかった。ローラースケートのひったくり軍団良かった。ローラースケートって最高だな。笑えるんだけど、声出して笑うのもどうかと思ってしまう。この気持ちはなんなのか。ひねくれてるだけかな。日本版のポスターは謎に合成してあってわけがわからないから、フランス版のポスターはどんなのかなと思って調べた 多分これf:id:anmin_shitai:20170211143456j:image

このシーンか!!!

いま渋谷に向かいながら乙女新党『乙女新党 第一幕〜始まりのうた〜』を聴いている。荒川ちか 葵わかな 髙橋優里花 田尻あやめ 最高のバランス。明らかに、アイドル戦国時代の中の尊い一つの答えだ。「2軍の中学生」ってコンセプトとこの4人がぴったりはまってる。「乙女新党のうた」「乙女の365日」「もうそう★こうかんにっき」「2学期デビュー大作戦!!」「ときめき☆パラドックス」不朽の名曲。古典だな。言い過ぎかな。