20170225

💠さんと💠と鍋をした。楽しかった。嬉しい。嬉しい。

みんなでMステをみた。X JAPANについての知識が浅いのを反省してwikipedia読もうとしたが長すぎてくじけた。💠が、SHISHAMOのボーカルは絶妙なバランスでめっちゃかわいいと言ってた。

小沢健二の新曲はとても良かった。言葉の強さを素直に感じた。”意思は言葉を変え 言葉は都市を変えていく”なんて突然ハッキリ言わなくたっていいだろうにってことをでもあえて言おうというのはアツい気持ちを感じる。でも、その前についてる「だけど」は、何に対する逆説なのか?

”ありとあらゆる種類の言葉を知って何も言えなくなるなんて そんなバカなあやまちはしないのさ”って言ってる人だと思った。2017年は何かありそうな予感がする。2020年までの3年には青春があるんじゃないかという気がしてくる。

💠に誘われて「草間彌生展 わが永遠の魂」を見に行く。初めてみたニューヨーク時代(1957〜1973)の、インフィニティ・ネッツ〈無限の網〉のシリーズがすごかった。大きいキャンバスにひたすら白の絵の具で下図のような弧が描いてある。

f:id:anmin_shitai:20170225175836j:image

f:id:anmin_shitai:20170225180116j:image

No.AB(1959)

画像だとなにもわからない。絵の具の厚みと弧の連続に圧倒されてなにも言えなくなる。見えないものが見える。膨大な何かと対面している。

f:id:anmin_shitai:20170225181403j:image

Air Mail Stickers(1962)をはじめとしたコラージュも凄みがあった。

絵のタイトルを見てから絵を見ると、そのタイトルの絵はその絵でしかないんだなと全部自然に腑に落ちる。本当に見えてるものを描いてる。

自主制作映画『草間の自己消滅』の中で、猫にヤツデの葉っぱを乗せる映像がかわいかった。

いまは帰り道なんだけど、クリーニング屋がアイロンをかけたときに出る水蒸気、公園にいる子供、ユリの匂い、空の色と薄い雲がとてもきれいだった。青の種類について詳しくなりたいと思った。