20170203

 

節分

風邪をひいた。インフルだと思ったけど違うかもしれない。 

2/1に国際フォーラムホールAで「港カヲル 人間生活46周年コンサート 〜演奏・グループ魂〜」を、お母さんにつれられて見に行った。全編を通してちょうどいい演出。演出がちょうどいいというのは本当にありがたいこと。一部では谷原章介が司会をやっていて、終始スマートにふざけたりまとめたりしていてカッコよかった。ゴスペラーズ「ひとり」をメインボーカルカヲルさんで演奏する王道の無駄遣い感も良かった。エビ中ラバーガール阿部サダヲ綾小路翔皆川猿時とコントをやってて幸せなグループだな思った。コメント動画でヒャダインが地味にすべらされてたのウケた。何も知らない人からみれば若いそのへんのアイドルが制服を着て若い女の子役として出演しているようにしか見えなかったと思うから、それがちょっとでも変わっていくといいと思った。ひなたが一番演技下手に思える。真山はスベるというキャラがあるからもっとそれを磨いていったら笑ってもらえると思う。ぁぃぁぃが張り切りすぎてちょっと邪魔だった。張り切らなくても目立つんだからそれでいいのに。美玲は頭がいいから、「そのへんのアイドル」としての自分が何を求められているかわかっていてコメントするのがとても偉い。キャラのせいもあると思うけど謙虚さが泣ける。りななんと安本とぽーちゃんとりったんはコントかなり向いてると思う。

二部は普通にグループ魂のライブ。カルロストシキのパロディが全然わからなかった。「君に1000%」という曲がメッチャ売れたらしい。あぶない刑事パロディで仲村トオルのコスプレの向井秀徳が銃を乱射するシーン普通に小笑いだった。

こんなふざけかたもう誰も若い人は求めていないのかもしれないけど、良いおっさんたちが真面目にふざけてるところは本当に見てて嬉しい。宮藤官九郎阿部サダヲが表舞台であれだけ成功しているからなおさらで、大人計画の芝居が暗いからこそ生きてくるものだとも思うから、難しいバランスの上にあるものだと思うけど。というか結局クドカンのセンスだけで成り立ってるとも言えるし。でもこういうの若い人にもやってほしいな。自分のアイデンティティをちゃんと曝け出してからふざけることのかっこよさ。楽屋では誰も楽しく会話しないコミックバンド。

普通に4000人規模の会場が埋まってたのにも驚いた。

 昨日『ホーリー・モーターズ』(レオス・カラックス 2013 ドイツ/フランス)カラックスはフランス人 、一昨日『世界中がアイ・ラヴ・ユー』(ウディ・アレン 1996 アメリカ)を観た。

前者、クールでまとまっててカッコいい、セリフが結構説明してくれる。でもなんでチンパンジーなのかわからない、これは重要なことなのかもしれないのに。スパークス流れた。 あとゴジラの曲も流れた。後者、200人出てくるとして200人の顔が良かった。喜劇はもともとそういう効果があるのかもしれない。

久々にカミナリに行った。こってりしたラーメンに柚子入れるの天才の発明だと思う。あとラーメンのあとのタバコからのガムめっちゃ美味しいということを学んでしまった。

 

f:id:anmin_shitai:20170203180930j:image

自転車で広い道走りたいな